FC2ブログ

河本@木場

夕方から降りだした雨の中「河本」へ向かいました。
kawamoto.jpg
お店を遠目に見るとなんと暖簾が出てない! ええぇ!・・・
電気が点いているので引き戸を開けてみると普通に営業中 ほっ!
「何で暖簾が出てないの?」
「雨で暖簾が濡れて入ってくるお客さんの顔にペチャペチャくっ付いちゃうから中に入れちゃったの」
「雨の日は暖簾と自転車は中に仕舞っちゃうの、でないとすぐにダメになっちゃうから!」
とあっさり
振り返って内側に掛けられた暖簾を見ると新しくなっていた
「暖簾を店の椅子に掛けておいたら、猫が引っ掻いてダメにしちゃったのよ!」
永い歴史の染み込んだ呑兵衛憧れの暖簾もあっけない幕切れ(暖簾切れ)になったとさ
新しい暖簾はお正月にアンチャン(弟さん)が吉祥寺で買ってきて、作ってくれたそうです(必見!)
はたしてこのお店のたたずまい(外観)に新しい暖簾が馴染むのはいつのことかな?
新しい暖簾の写真を撮り忘れました m(__)m

kawamoto5.jpg
古いと言うより懐かしいブリキの漏斗             長四角・丸・長丸など椅子もいろいろ。
灰皿も古いと言うよりアンティーク級              電気羽釜???

kawamoto10.jpg
黒ホッピーを注文
ホッピーは二冷で氷なしです 
ジョッキの焼酎にホッピー一本を注ぐと丁度すり切れ一杯が出来る   1対1という訳です
これが丁度ビールのアルコール度数になるみたいで、スイスイ飲めちゃうのです

kawamoto1.jpg
ニコタマ(煮込みの玉子入り、メニューにはありません)
煮込みと一緒に七味をそっと差し出してくれます

kawamoto2.jpg
シロ(テッチャン)とコンニャクのみ
醤油煮込みで内側の脂肪が残っていて絶品!!筆舌に尽くし難し(オーバーかな)
とにかくプリプリトロトロで皆さんお代わりしています

kawamoto6.jpg
「おでんは明日でおしまい!」
「どうして?」
「練炭が後一つになっちゃったのよ、一つ二つじゃあ売ってくれないのよ
    買うとなると十とか二十になるから切がいいところで明日でおでんはおしまい!」
「練炭使っているんですか、よく中毒になりませんね?」
「後ろ見れば分かるでしょ、うちは換気がいいからね杉良太郎も言ってるでしょ “すきま風”」
明日でおしまいと聞いちゃぁたのまなくっちゃ
好みを云うとそれに加えて5品入れてくれる
そして和がらしがそっと差し出される・・・・

kawamoto9.jpg
人気メニューのやっこさん(冬は湯豆腐)
小で木綿豆腐が半丁出てきます   刻みネギと生姜醤油でいただきます

kawamoto11.jpg
ペットボトルに小分けされた焼酎(キンミヤ)をジョッキに注ぐ真寿美さんの仕草(アクション)は必見です!
おでんを取り分ける姿も冬まで見納めです
春夏はおでんに代わるメニューも登場します

kawamoto3.jpg
‘しまちゃん’ モデル立ちで目線をくれました
「何歳ですか?」
「私と同級生」と真寿美さん

kawamoto8.jpg
接客の合間に ‘しまちゃん’ とお話しする真寿美さん
左上は ‘はんこちゃん’ 頭の後ろにも顔があります 
遭遇したら見てください予約は出来ません。なんせ相手はお猫様ですから(チャンスは猫次第です)

kawamoto12.jpg
「今晩から明日に掛けて大雨ですよ」
「あらそう 大雨が降ると横浜の方からも電話があるんですよ、お店は大丈夫か?って
  外から見ると水が流れ込みそうでしょう、だけどみんなあっち(永代通り)へ行っちゃうんですよね」
話題はお店の取材の事に・・・・・
「またテレビの取材が来るのよ この前取材を受けちゃったらお客さんから『なんで受けたんだよ』って言われちゃってね でも断ったんだけど女のディレクターさんが帰らないんだよね・・・・・それで受けたら・・・」
「そしたら若い女の人五人連れが来たりしてね 断っちゃったけどね だって若い女の子が五人も座ってたらいつものオジサン達はどうすんのよねぇ」
と常連さんにはうれしいお言葉が出たり・・・

そして壁の写真でもう一盛り上がりして
「ごちそうさま」
「イチサンです」と符丁で伝えてくれます
本当に楽しいひと時でした

   河本のメニューは【コチラ】


スポンサーサイト



カッパでもつ焼き@吉祥寺


先日久しぶりに吉祥寺のカッパへ行きました。
吉祥寺駅公園口から3分。井の頭通りをはさんで丸井の向かいにあるモツ焼き屋さんです。
開店1分前の4時29分に列に並びラスト一人でカウンターに座れました。
これはとてももラッキーなことです。
でも回転が早いのでそんなに待たずに入れます。
kappa5.jpg
店内は20人ほどのコの字カウンターと3人ほどの立ち飲みカウンターが四ヶ所。
満席だとまず立ち飲みで小瓶とお新香などを頼んで、席が空くのを待ちます。
席が空いても座らずにサッと飲んでサッと立ち去る人もいます。
飲み物は瓶ビール・日本酒と老酒などの中国酒です。

kappa.jpg
早い時間ならではの「レバ刺し・コブクロ刺し・チレ刺し」をタレで注文。うんまい~~!!
串ものは一本90円で二本ずつ出てきます。一本でも注文できます。

kappa2.jpg
焼き物はまずタン塩。

kappa3.jpg
珍しくオッパイがあったのでカシラと一緒に塩で追加。
なかなか食べられないオッパイは脂がのっていてすんごくうんまかったです!

kappa4.jpg
オッパイと軟骨を追加して、最後にネギとテッポウをタレで注文。
いつもの様にサッと飲んでサッと引き上げました。
サラリーマンや若者や女性同士など下町とはちょっと違う客層のモツ焼き屋です。
いつもギュウギュウであまり落ち着かないですが、安くて美味しい元気のある居酒屋です。




福田フライ(フライ屋)@野毛小路

横浜元町で仕事を終えて時計を見るとちょうどいい時間!
「えっ何がちょうどいい?」ってこの時間(午後八時半)ここに居れば目指すはいつもの野毛方面。
今日は福田フライで軽く呑むことにした。
fukudafurai.jpg
桜木町で下車、国道16号線を渡ってブリーズベイホテルの手前の道を入り野毛小路のゲート
をくぐるとすぐ右手に「立呑み処・フライ屋」の看板が見えてくる。
ゲートのの字のネオンが切れてるとこなんか入り口からディープゾーンを演出している。

fukudafurai2.jpg
ええっ!先客三人! まだ九時なのに空いている時もあるんだ~
と言う事で酎ハイを注文。大き目のグラスで出てくるが氷も大きい ヾ(゚0゚*)ノアレアレー?

fukudafurai3.jpg
サブカウンターの壁に貼られたフライ中心のメニュー。
くじら170円といわし150円で他は一本120円、野菜は70円です。
カウンターの下には指拭き用のタオルがぶら下がってる。
小さな心遣い、大きな喜び。もの凄く頼り(タオル(殴!))になります。

fukudafurai6.jpg
空いているけど、入り口の揚げ台の前に陣取る。
いつでも奥が空いていても揚げ台の前から埋まっていきます。
さっきまでいつものようにおかあちゃんが揚げていたけど、若いお兄ちゃんに交代。

fukudafurai7.jpg
あじフライと砂肝フライを注文。
魚・肉類は衣をつけて揚げますが、内臓系はそのまま素揚げで出されます。
↑写真の串を見てカウンターにぶら下がってるタオルの存在の大きさがわかるでしょ~(笑)

fukudafurai8.jpg
揚がり際に「普通の?、辛いの?」って聞かれます。
普通のウスターソースとニンニクたっぷりで唐辛子の効いた辛いソースの二種類のソースがあって
ドボッと付けて出してくれます。
辛いソースは美味しくてビールが進みますが、一本でも200%確実に翌日までニンニクの香りが残ります。
でも美味しいのでいつも辛いソースで食べてしまいます。
野菜揚げは塩で出してくれます。

fukudafurai11.jpg
お新香・白モツの鉄板焼きもあり辛いソースをかけてくれます。
その日の刺身はカウンター奥のホワイトボードに書いてあります。

サッと寄ってサッと呑んでサッと立ち去るいつものパターンでした。



居酒屋始め

年の始めは地元の居酒屋へ。
suityu8.jpg
この手の提灯を通り過ぎる勇気がありません!

suityu.jpg
目を会わせるだけで、席に着くと同時に差し出される焼酎の水割りレモン添え
いつもながら嬉しい瞬間です!

suityu1.jpg
まずは定番の煮込みを注文、
味噌仕立てです。経験豊かな方詳しくは写真で想像して下さい。

suityu4.jpg
そしてすぐ出来る秋刀魚刺し

suityu3.jpg
焼き物のチェック! 立ち上ってネタケースの品定め
早い時間なのでネタは充分揃ってます。

suityu7.jpg
ブタばら肉玉ねぎ・トリネギ間をタレで注文
炭火で焼かれる串物。外はカラット中はジューシーです。

suityu2.jpg
トリ正肉を追加
一本ずつでも注文出来ます。
七味唐辛子をお好みでどうぞ。

suityu6.jpg
オニオンスライスで4杯目を注文
一人居酒屋の場合、大体この位の品目で一時間そこそこで引き上げます。
いよいよ今年の居酒屋通いがスタートしました。


2006年 忘年会

今年の忘年会は沖縄料理で〆ました
yanbaru1.jpg
お疲れ様はシークワァーサーサワーでの乾杯
グラスは沖縄ならではのオリオンビール
ジュース感覚でとっても美味しいです
呑みすぎても次の日は意外と快調でした
来年の一押し!


yanbaru2.jpg
まずは「足てびち」コラーゲンがいっぱい


yanbaru9.jpg
この店の新発売メニュー「イカ墨ソーメンチャンプール」
イカ墨にはムコ多糖体とペプチド複合体が含まれているので、抗がん作用があるとかで注目されてるとメニューに書いてあった
とっても美味しかったのでお代わりしてしまった


yanbaru10.jpg
沖縄の辛味ソース
辛いの大好きって人はお好きなだけどうぞ
だけどかけ過ぎるとただ辛い味だけになってしまうのでご注意!



yanbaru01.jpg

「ゴーヤのおしたし」ちょっと苦い  「ラフティー」豚肉の角煮です 「豚みそサラダ」豚味噌を野菜で巻いて食べる


yanbaru02.jpg
「ミミガーの刺身」ゴマダレで和えてあります  定番の「ゴーヤチャンプール」 「海ぶどう」ポン酢?で食べる


yanbaru03.jpg
「ポークたまご」沖縄でポークと言えばポークランチョンミート(SPAM)のことで缶詰のコンビーフの様なものです
「ドゥル天」コロッケみたいです   「島ラッキョー」

〆はソーキソバと決めていたけどお腹いっぱいで断念
ランチで定食もやっているので、そちらで挑戦します
まだまだメニューは豊富にありますので次回に期待します

カテゴリーに居酒屋を追加しました。2007年も頑張ります!!